あなたも対象かもしれない!|過払い金の相談なら司法書士事務所へ

レディー

期限を過ぎないように注意

シニア夫婦

日本で生活をしていくうえで、必ず支払わなければならないのが税金です。物を購入すれば消費税が掛かりますし、その土地に住むためには住民税が掛かります。初めて給与明細を見た方で、税金として引かれる額の多さに驚く方も少なくないでしょう。この税金は、財産を相続するときにも当然掛かります。これを相続税と呼び、相続する財産の額によって税率が変化します。相続する財産の額が多ければ多いほど相続税率が高くなり、例えば6億円を超す財産を相続する場合には相続税率が55パーセントにもなります。また、注意しなければならないのは、税金を納めるまでの期間が決まっているという点です。財産の相続が発生してから、10か月以内に申告をして納税しなければなりません。この期間を超えてしまうと、延滞した分の税金がさらに加算されてしまうことになるので早めに納める必要があるのです。相続する財産が不動産であるなどの理由で期限内の税金の支払いが難しい場合には、必ず税務署に相談するようにしましょう。また、京都には相続に関する知識を豊富に持っている税理士が多く集まった支援センターなどがあります。相続税についての疑問や相談などを受け付けてくれていますので、知識があまりなくて不安だという方におすすめです。京都の支援センターでは、相続税の申告書の書き方など初歩的なことから丁寧に教えてもらうことができます。特に、相続する財産の中に非上場株式などの複雑なものが含まれている場合には、京都の支援センターに相談しながら行なうのがおすすめと言えるでしょう。自分で調べているうちに納税期限が過ぎてしまったなどという事態にならないように、時間が掛かりそうだと感じたら早めに京都の支援センターに相談するとよいです。