あなたも対象かもしれない!|過払い金の相談なら司法書士事務所へ

レディー

借金の相続を拒否する

2人の女性

日本では、亡くなった方の財産は相続人が相続するものとなっています。相続人は遺言書などで指名されることのほか、故人の配偶者や子どもなどが法定相続人として相続することになります。しかし、財産というとプラスになるものを思い浮かべがちですが、マイナスになるものも財産と呼ぶのです。マイナスの財産としては、被相続人の借金が代表と言えるでしょう。特に遺言がなくても被相続人の借金はマイナスの財産として、配偶者や子どもなどの法定相続人に相続されてしまうのです。しかし、これは必ず相続しなければならないものではなく、相続放棄によって拒否することが可能です。相続放棄をすれば被相続人の借金を法定相続人が背負う必要がなくなりますので、返済の目処が付かない場合には手続きをしてしまいましょう。相続放棄をするにあたって最も注意すべき点は、3か月以内に手続きをしなければならないという点です。相続人であることがわかってから3か月間何も手続きをしないと、マイナスの財産であっても相続するものとみなされてしまうのです。特に被相続人に借金があると事前に知っていた場合などは、早い段階で相続放棄について調べておくことをおすすめします。また、専門の知識を持つ司法書士に相談することもよいでしょう。司法書士の事務所の中には、特に相続放棄を専門としているところもありますので、相談をするのであればこのようなところへ行くとよいです。中には無料で相談を受け付けているところもありますので、まずは不安を解消するために相談するというのもよい方法です。