あなたも対象かもしれない!|過払い金の相談なら司法書士事務所へ

メンズ

期限を過ぎないように注意

シニア夫婦

財産を相続する際にも税金が発生します。期限内に申告して納めなければならないのですが、知識がなく不安だという方は京都の支援センターなどに相談しながら手続きを進めるとよいでしょう。

詳しくはこちら

借金の相続を拒否する

2人の女性

マイナスの財産も、相続放棄をしなければ相続されてしまいます。申請は3か月以内と期限が決まっていますので、放棄したい場合には早めに行動しましょう。専門の知識を持つ司法書士へ相談するのもおすすめです。

詳しくはこちら

負担を軽くできる

電卓を持つ女性

借金の返済に一度つまずくと、利子が膨らんでいきどんどん返済が困難になるケースが多いです。どうにもならなくなってしまったら、早めに大阪の司法書士に相談して債務整理を行なうことがおすすめです。

詳しくはこちら

払いすぎた分を返金

硬貨

借金を返済している方や返済が完了した方の中には、いくらかのお金を返してもらうことができる方がいます。この返してもらうことのできるお金というのは過払い金であり、元々は支払う必要のなかったお金のことなのです。消費者金融やカードを利用した場合には、必ず利息が発生します。この利息は消費者金融やカード会社によってバラつきがありますが、少し前まで多くの会社が法律で定められたものより高い利息を設定していたのです。このことが判明し、消費者金融やカード会社が取りすぎていた分の利息は、手続きによって返金できるようにと法律によって決められたというわけです。2010年までにお金を借りたことがあるという方は、余計に利息を支払っていた可能性がありますので千葉にある司法書士事務所に相談してみるとよいでしょう。また、法律で決まっているものよりも高い利息を設定していた消費者金融やカード会社の一覧は公開されていますので、インターネットなどで調べてみるとよいです。2010年までに一覧に載っている会社からお金を借りていたという方は過払い金が返還される可能性がさらに高いので、やはり千葉の司法書士事務所に相談することをおすすめします。千葉の司法書士事務所では、どれくらいの過払い金があるのかの目安を教えてくれるところもありますので、まずは電話などで相談してみるとよいでしょう。千葉の司法書士事務所の中には、土日祝日でも過払い金の相談を受け付けてくれているところもありますので、平日に時間が取れない方でも安心です。